マナーを確認しておきたい結婚式の着物

結婚式で着物を着る際にはマナーを知っておくことが大切です。着物はフォーマルに見える、長くなんども着ることができるなどのメリットがあります。また、着る人の年齢を選ばないという点でもおすすめです。帯などを変えることで印象を変えることもできるため、幅広く使用することができます。経済面でもおすすめです。年齢やシーンによってはタブーとなる柄などがあるため、注意が必要です。未婚女性が着る場合や、既婚女性が着る場合、おすすめの色味や柄など的確に選ぶことで、結婚式にふさわしい着こなしをすることができます。大きく分けると大振袖やなか振袖、訪問着に別れており、花嫁が着る衣装とかぶらないような柄や色を選ぶことが大切なポイントのひとつです。予め花嫁の衣装を確認できる場合には書いておくと良いでしょう。

着物を選ぶ際のポイントについて

大振袖を選ぶ場合には、花嫁も着用する場合があるため、注意が必要です。大振袖は袖の長さが115センチ以上のものをさします。最も格式の高い振袖です。花嫁が大振袖を着る場合には、中振袖、もしくは訪問着を選ぶことをおすすめします。中振袖は袖の長さが105センチのもので、大振袖の次に格式が高いのが特徴です。未婚女性が着るものです。控えめの色味を選ぶと良いでしょう。袖の長さがおよそ85センチのものは、気軽に礼装ができます。10代などの方が結婚式に参加する際などにおすすめです。訪問着は、準礼装です。振袖とは異なります。未婚女性、既婚女性、共に着ることができます。袖は60センチほどで、場所を選ばない衣装として人気があります。シンプルな柄のものは花嫁を引き立てることができるのでおすすめです。

黒留袖を結婚式で着る際のポイントとは

既婚の親族の女性は、振袖ではなく、黒留袖を着ることが多くあります。新郎新婦の親は勿論のこと、身内の既婚女性であれば着ることができます。黒以外のものは、色留袖と呼ばれており、第二礼装になります。五つ紋にした場合にはら黒留袖と同じ格の着物になります。親族でない場合には、基本的に黒留袖と被る黒い色や、ウェディングドレス、白無垢とかぶる白い色や、クリーム色は控えるようにすると良いでしょう。柄や素材などは、式が行われる季節に合わせて選ぶことがポイントです。桜の柄は、季節を問わず着用することができます。桜散るという意味合いで縁起が悪いとも言われる場合がありますが、二本を代表する花のひとつのため、着ても問題はありません。基本的に花嫁よりも目立たないということを軸に考えて選ぶことが大切なポイントです。