着物で結婚式に出席する時の注意点

結婚式に招待されるのはとても嬉しいことです。特に女性にとっては、思い切りおしゃれができる楽しみな機会でもあります。大切な友人や親戚のために素敵な装いで祝福の場を華やかにしたいとも思うでしょう。そこでアイディアとしてあがってくるのが「着物を着たらどうか?」ということかと思います。特別な日だからこそ、普段はあまり機会がない和装でと思うかもしれません。女性の場合は成人式で着用した振袖を持っているかもしれませんし、最近は和装も人気ですから訪問着を持っている人もいるかもしれません。ですが、結婚式に着物を着て行く場合に注意する点がいくつかあります。新郎新婦のためにと思ってしたことなのに逆効果になっては大変です。せっかくですから、失礼のないように選びましょう。

新婦との関係性によって選ぶ着物

結婚式に着ていける着物には3種類あります。「振袖」、「訪問着」、「黒留袖」です。振袖は成人式で着るイメージがありますが、未婚の女性の第一礼服とされています。そして、振袖も3種類に分かれています。袖の長さが三尺三寸(約115センチ)の「大振袖」、二尺八寸(約105センチ)の「中振袖」、二尺三寸(約85センチ)の「小振袖」です。訪問着は未婚の女性でも既婚の女性でも着ることができます。袖が約60センチのものです。あまり華やか過ぎる色や柄はいけませんが、一番無難な和装です。黒留袖は新郎新婦の親が着るイメージですが、新郎新婦が身内の場合は既婚女性なら着ることができます。留袖は黒以外のものもあり「色留袖」と呼ばれます。色留袖は友人でも着ることができますが、五つ紋は黒留袖と同格になりますから、紋の数に気をつけましょう。

振袖を着る場合に注意しなければならないこと

前述のとおり、結婚式での和装はいくつか注意することがあります。最近はそれほど厳格ではありませんが、年配の方が多く出席するかもしれない場ですから、出席者全員が気分よくお祝いできるように配慮したいものです。ただ、未婚の女性が着る振袖の場合は、花嫁の衣装との関係もありますから、さらなる注意が必要になります。まずは色です。花嫁の衣装の色とかぶらないようにしてください。また、お色直しで花嫁が大振袖を着ることが多々あります。その場合、出席者は大振袖でなく中振袖か訪問着を着ることになります。それから、小振袖は若干フォーマルさに欠けます。出席者が10代だったら問題ありませんが、小振袖は二次会やパーティーなどもう少しカジュアルなお祝いの場で来たほうがいいかもしれません。