着物を着て結婚式に出席するのがおすすめの理由

結婚式に和服で出席する場合は、身内としての出席であれば黒留袖や色留袖を着ます。友人や知人の場合は訪問着が中心。未婚の若い女性はどちらの場合にも振袖を着ます。これらは和服の中では礼装と呼ばれるフォーマルウェアです。基本的に帯も着物も全て絹織物で、フォーマルな場にふさわしい柄が多く、場の雰囲気を一気に華やかにしてくれます。結婚式に和服で出席しようと考えると、着付けや準備など慣れないために時間もお金もかかるし、動きも制限されるし、帯も窮屈。着ているだけで疲れそう。と、及び腰になりがちですが、和服で出席して良かった。と思えることはたくさんあります。結婚式を華やかに盛り上げるのも参加者の役割。そして工夫すればそんなにコストもかからないでも着られます。是非お祝いの席で着物を着ることを考えてみて下さい。

【とにかく万人受けして褒められる】

一度和服で出席してみれば納得ですが、年代を問わず、同席する人たちから褒められます。最初に書いたように和服を着ることに手間とお金がかかり、着ている時は窮屈で疲れる。と、ほとんどの人が思っているからでしょう。わざわざその手間と労力をかけて和服で出席していることへの評価です。「着物で来てくれてありがとう」と主催者側の親族や結婚する本人から言われる人も少なくない筈。実際に和服はフルレングスで、礼装である訪問着や振袖には全身に華やかな色柄が入っています。絵羽という柄の付けかたで、縫い目でも柄がつながっている柄ゆき。普段は着ないような色や金銀の箔や糸が使われているものも多くあります。何より主役感が強く、洋服のフォーマルドレスと比べると格段に場を華やかにします。お祝いの席を華やかに盛り上げる一助になれるわけです。

【意外とお金をかけないで着る方法がある】

何かとお金がかかりそうな着物。昔から貸衣装店があり、式典に着るものを借りることはありましたが、今では「レンタル」という言葉にかわり、インターネットの普及によってより気軽に借りることができるようになっています。レンタルする場合はあまりケチらず、ある程度良いものを選ぶことをおすすめします。他にも和服で出席している人がいれば、並ぶと差がでてしまうことも。レンタルだからこそ、自分では買えない値段のものを着る。というのも楽しみの一つです。また、美容院を予約してヘアセットと着付けをしてもらうのが通常ですが、最近ではレンタルとセットになっているプランがあるお店も。予算が少ないならそういうお店を探してみるのも一案です。振袖は結婚したり年をとると着なくなってしまうのでレンタルがおすすめですが、訪問着は自分で持っておくと結婚式があるたびに悩まなくて良くなり便利です。帯結びも振袖ほど難しくないので、3ヶ月ぐらい教室に通えば自分で着られるようになるでしょう。着るものがあって自分で着られれば、お祝いの席の度にかかるコストは一気に下がります。

コメントは受け付けていません。