結婚式に着て行く着物の選び方を伝授

華やかな結婚式、披露宴に招待されたら、目一杯おしゃれをして臨みたいです。ドレスも良いですが、他の招待客と差をつけたいと思ったら、着物で参加してみるのがおすすめです。日本人の民族衣装である着物は、無理なドレスより日本人の体型にも合っていますし、何より着物というだけで華やかな印象になるので、主催者である花嫁、花婿からも喜ばれますし、周囲からの好意の目で見てもらえます。結婚式での和装というと、堅苦しいマナーがありそうで難しそうと敬遠されがちですが、基本的な最低限のマナーは洋装と変わりません。木綿やウールといった普段着で、足元が下駄はもちろん華やかな場にはふさわしくありません。ポリエステルでもせめて正絹に見えるような、上品な柄のものを選んでお洒落に着こなして出かけましょう。

未婚の人なら、断然振袖がおすすめです

未婚の第一礼装は、言わずと知れた振袖です。成人式で若い女性が着ていますが、振袖は結婚式といったパーティーに相応しい華やかなさと上品さがあり、何より若さを引き立ててくれます。振袖は、袖の長さから大振袖、中振袖、小振袖と種類があります。成人式で着るのは大振袖という、一番袖が長いものになりますが、やはりパーティーにも袖が長い方が、華やかさが増して良いでしょう。ただひとつ注意しなければならないのは、新婦がお色直しに振袖を着用した場合、色柄がかぶっていないようにする事です。新婦の当日の衣装をさり気なく聞き出せるならチェックしておくと良いでしょう。未婚だけれど、振袖を着るのはちょっと抵抗があるという人は、色留袖、色無地で帯を華やかにして遊び心を出すとか、訪問着を着用しても良いです。

既婚者の場合は黒留袖か訪問着がおすすめ

結婚している人は、第一礼装は黒留袖になります。黒地に金糸で華やかな刺繍が施されており、黒が基調ながらゴージャスさは完璧です。新郎新婦の母親、仲人、また新郎新婦の親戚の既婚女性が着ても良いとされています。ただし、どうしても親戚のおばさんが着ている、という古臭いイメージもついてしまいます。既婚者でも年齢が若い場合は無理に黒留袖でなく、色留袖や色無地でもいいでしょう。それ以外では、訪問着が理想的です。既婚女性なら、紋付の訪問着があればよいですが、なくても問題はありません。訪問着は既婚、未婚も関係なく着ることができるのでとても重宝されます。訪問着は絵羽模様といって、広げた時に一枚の絵画になるような柄が特徴的です。テーブルについた時に胸元に模様があるので、見た目の華やかさを維持できます。

コメントは受け付けていません。