防犯監視カメラには、犯罪を抑止する効果があります。防犯監視カメラが設置されていることがわかれば、そこで悪いことをしようと考えません。近年では、犯罪が起こらない日はないというくらい、日々様々なことが起きています。しかし、近年のカメラであれば、なにか起こった後でも、画像の鮮明さもあり、検挙されるスピードも上がっています。商店街などでもみかけるようになりましたが、これらも安心して生活が送れるようにと考えられています。特に子供さんがいる家庭など、心配なことも少なくありません。しかし、こういったカメラが設置されていれば、気持ちの面でも安心感が違うと考えられます。カメラ自体も進化していて、明かりの無い場所であっても監視可能なものがあり、夜歩く人にとっても心強い存在となっています。このように、様々な場所で活躍していますし、メリットがたくさんあります。

万引き対策で最も効果的なのが防犯監視カメラの設置

万引き対策として最も効果が高いとされているのが、防犯監視カメラの設置です。通常は防犯監視カメラがあれば、万引きをする気にはなれませんし、予防をするという意味で非常に効果が高いです。犯罪を未然に防ぐことができれば、手間もかからないので最高です。最近は高画質な映像が録画できるタイプのものが多いので、昔のようにカメラに映ってはいるけれども顔が判別できないということもありません。性能のいいものになると、4K動画を撮影することができます。これほどの画質があれば、ちょっとした見えにくい動きもすべて手に取るように分かります。映像をチェックするにしても時間がかからないので、画質は高いに越したことはありません。ただ、画質が高いとその分録画データの容量は大きくなってしまいます。そこはコストと性能を天秤にかけて、ベストなものをチョイスしましょう。

防犯監視カメラにも屋内用と屋外用がある

防犯監視カメラと一口に言っても、どこに設置するのかでタイプは大きく変わってきます。屋外用なのか屋内用なのかで、どのように映像を撮影するのかも変化して当然なわけです。屋外は昼間は非常に明るくなることもありますから、屋内用のカメラを設置すると鮮明に画像が取得できないケースも出てきます。きちんと、ケースバイケースで最適なものを採用しなければいけません。屋外用は、雨風に強いタイプのものが最適です。できればいたずら防止のためにも、カメラをドーム状のカバーが囲っているタイプのものを選ぶのがいいでしょう。石を投げつけられたりしても、カバーがあるのでカメラに傷がついてしまうことがありません。耐久性も屋外用のほうが高いに越したことはありません。メンテナンスフリーで付けっぱなしにしておけるものなら、高いところに設置しても不便さは感じないはずです。